妊娠中の脇の黒ずみは出産後に治るの!?

妊娠中の黒ずみに悩む女性

妊娠前に黒ずみがなかった人は妊娠中に突然黒ずみに気づいてびっくりしてしまった人も多いと聞きます。

妊娠しているとよくお腹に黒い線ができたり、乳首が黒くなるといった事を耳にした事がある人も多いかと思いますが脇も同様に黒くなってしまう人もいるって知っていましたか?

そんな妊娠中にできた脇の黒ずみは出産後に治るのか詳しく調べてみました。

妊娠中に脇の黒ずみができる原因ってなに?

妊娠する事によって女性ホルモンの分泌急増が起き、メラニン色素が増えるからだと言われています。

とくに脇はメラニン産生が多い部位だと言われており、乾燥や剃毛だけでも色素沈着が起きやすくなっています。

なので妊娠中に乳首だけではなく、脇の黒ずみも目立ってしまう人がいるんです。

妊娠中真っ黒になった脇の黒ずみは産後に治るの?

おおよそ半年〜1年程で薄くなっていくようです。周りのママさんに聞いたところ同じような意見でした。

しかし、妊娠中に脇の部位が乾燥した事による搔き壊しや、ナイロンタオルでの摩擦、剃毛の際にできた炎症によるものなどがある場合はそのまま残ってしまう事があります。

いつまでも消えない黒ずみで悩んでいる方はそれらの皮膚トラブルがなかったか、今一度考えてみてください。

妊娠中の脇の黒ずみを残さないケア方法とは

妊娠中にできてしまった黒ずみをなるべく自然に消えるようにはどのようなケアをすればいいのか調べてみました。

①紫外線対策をきちんとする

妊娠中、産後共に紫外線の影響を受けやすくなっています。

紫外線を浴びるとシミ・くすみ・乾燥といったトラブルも同時に招いてしまいますのでとくに気をつける事が肝心です。

②肌の摩擦を防ぐ

すごく多いのが入浴にナイロンタオルでごしごしこすっている行為です。

ナイロンタオル黒皮症という病名もあるくらい深刻で、ナイロンタオルを使用する事による摩擦で色素沈着を助長してしまいます。

やさしくあわ立てた泡を手でなでるように洗うだけで汚れは十分に落ちるので、ゴシゴシとこすり洗いする事は避けましょう。

③脇の自己処理に注意する

妊娠中は脱毛などもできない為、脇を自己処理する必要があります。

肌に負担の少ない電気シェーバーを使用するようにし、いつも以上に保湿をするなどのケアが必要です。

妊娠中には以下の処理はおすすめできないので避けるようにしましょう。

・毛抜き
・ワックス
・除毛クリーム
・家庭用脱毛器

どうしても気になる場合は黒ずみクリームがおすすめ

脇の黒ずみを産後スムーズに消す為には日頃のケアが必要ですが、産後いつに消えるのかは個人差があります。

どうしても気になる場合は『スウィープホワイト』などの妊娠中にも使える黒ずみクリームでケアするのがおすすめです。

妊娠中はいつもより肌が敏感になっている為、無添加であっても人によっては刺激が強い場合があります。

万が一の事を考え、返金保証のついている黒ずみクリームを使い、なにかあったらすぐにかかりつけ医に相談する事が大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました