腰の黒ずみは乾燥が原因って知ってた?保湿ケアで綺麗な肌にしよう!

腰の黒ずみに悩む人の画像

ふと鏡を見たときに腰が黒ずんでしまっているのに気づいたことはありませんか?

実は腰の黒ずみは乾燥が原因なので腰にもきちんとした保湿ケアをする必要があるんです。

もうできてしまった黒ずみを元に戻す方法やこれから黒ずみを作らないためにはどうしたらいいのかをご紹介します。

腰の黒ずみの原因は乾燥!

実は腰から下は皮脂腺が非常に少なく、乾燥しやすい部分って知っていましたか?

小学生までの子供と25歳以上の女性、50歳以上の男性は皮脂分泌の少ない年代であり乾燥に注意が必要です。

ボディクリームなどが市販されていますが、ついついめんどくさくてやらない人が多いのではないでしょうか?

この乾燥がかゆみを招いてしまい、寝ている間などの知らないうちにかきむしりなどを起こし、黒ずみを招いてしまっているのです。

腰の黒ずみを予防するケア方法とは

乾燥が原因だとわかりましたが、具体的にどのようなケアを行えばいいのか調べてみました。

①入浴後すぐの保湿

入浴後15分以内に保湿する事が重要!!

実は入浴後に15分以上保湿などをせずに放置すると、入浴前よりも皮膚の水分量が低下する事がわかっています。

肌ケアに敏感な芸能人などは入浴後に浴室でボディクリームを入念に塗っている人もいるほど。

保湿をするには入浴後の15分が鍵だという事を忘れないでください。

②常に湿度を気にする事

最近では温暖化の影響もあり、年中エアコンをつけっぱなしにしている事が多いのではないでしょうか?

エアコンを長時間つかっていると部屋の空気がどうしても乾燥しがちです。

部屋の湿度は50〜60%を保つように注意し、時々空気を入れ替えたり、加湿器を使うなどの乾燥対策を心がけましょう。

③ナイロンタオル等で洗う事をやめる

ナイロンタオルやボディスポンジ、ブラシなどでゴシゴシと洗う人がいますが、皮膚を傷つけて乾燥を招いてしまうので今すぐやめましょう。

実は石鹸をあわ立てて手のひらで優しくなでるだけで汚れは十分に落ちるんです。

今は泡ででてくるボディソープも販売されているのであわ立てが不安な人はそちらの使用をおすすめします。

腰にすでにできてしまった黒ずみはどうしたらいい?

これからできる黒ずみ対策のための保湿ケアをご紹介しましたが、すでにできてしまった黒ずみには黒ずみクリームがおすすめです。

上記で紹介したように、保湿ケアを行えば肌サイクルが正常化すると共に改善していくと思いますがひどい黒ずみの場合にはそれなりの時間がかかってしまいます。

1年以上消えるまで待てない方は黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑制してくれる成分が配合された黒ずみクリームでのケアがおすすめです。

腰の黒ずみ対策に保湿ケアを行いましょう!

25歳以上の女性はとくに乾燥しがちな部分なので必ず入浴後にはボディクリーム等で保湿ケアを行いましょう。

すでにできてしまった黒ずみも黒ずみ専用のクリームが販売されているので安心です。

黒ずみの原因はメラニン色素の過剰生成なのでその原因をブロックしてくれるクリームを使う事で皮膚を正常化する事ができます。

黒ずみを増やさない為には早めの対策が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました